上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬場は我が庭も寂しかったので、更新をさぼっていました。
春になり、庭もチューリップなどの球根や宿根草の花が咲き始め賑やかになってきました。
4月の庭
スポンサーサイト

【2010/04/22 18:17】 | 庭の状況 トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
気が付いてみると、我が庭に秋の七草が意外と植えてあった。萩、オバナ(ススキ)、桔梗、オミナエシ、そしてこのフジバカマ、後はナデシコと葛。葛は遠慮してナデシコは植えて、秋の六草にはしたい。
091003フジバカマ01
元々は、菜園の片隅に植えられていたものを、このように石積み花壇の柿の木の下に植えてあります。
091003フジバカマ02

今年メインガーデンにも植えたが、まだ蕾・・・です。


【2009/10/06 21:51】 | 紫色の花 トラックバック(0) |
帰化植物のマメアサガオ、一昨年、近所に自生していたものから採取した種を我が庭に蒔いて育てたもの、今年は昨年のこぼれ種が発芽したもの・・・・野生種は強い!!
0909マメアサガオ

【2009/10/04 20:05】 | 白色の花 トラックバック(0) |
黒っぽい紫色した葉っぱで庭のアクセントとして昨年植えたガーデンダリア。昨年は弱々しくすぐにだめになった記憶がありますが、2年目にして我が庭にもなじんだのか元気に育っています。
ダリア02
花をアップで
ダリア01

■ガーデンダリア(フーガサカーレットファン)
 キク科ダリア属
 

【2009/08/07 22:02】 | 赤色の花 トラックバック(0) |
ガーデニングをし始めて最初に植えた宿根草の一つリアトリス。2年目の今年も独特の形の花を沢山咲かせてくれました。
090620リアトリス
こんな感じで沢山咲いています。
090626リアトリス
■リアトリス
・菊科。
・学名 Liatris spicata
Liatris : リアトリス属
spicata : 穂状花序をもつ
Liatris(リアトリス)は、ギリシャ語の 「leios(無毛)+ iatros(医者)」が 語源、といわれている。
・北アメリカ原産。大正末期に渡来。
・葉っぱは細い。
茎はまっすぐに立つ。
・夏から秋にかけて茎の先に開花。
もじゃもじゃの白やピンクの花。
上の方から咲き下る。
・別名「百合薊(ゆりあざみ)」
「麒麟菊(きりんぎく)」
・7月22日の誕生花(リアトリス)
・花言葉は「向上心」



【2009/06/26 22:46】 | 紫色の花 トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。